ほむらinDEX

しゃべることが嫌いなんだね。分かるよ、でも今日からはそれじゃあ通らん。 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

homura

管理人  [ homura ]

無心に進め 完全に自由な世界

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-12-05       ルックスの話

クラシック系美女が噂になっているようですね。

こちらの方々です。

















miyaho.jpg

ドン!
















moho.jpg

ドドン!















matuho.jpg

ババーン!!












うーぬ。











美女たちでござんすなぁ。



特に3番目のお方なんて素晴らしいですね。

僕のストライクゾーンを160キロのカーブでえぐり抜いていきました。

一目惚れとはこういうことを言うのでしょうか。



この、何て言うのかな、大人になりきれない少女、みたいなね。

クールな表情の中にも、あどけなさ、みたいなね。

言葉はいらない、みたいなね。



あー、マジで吹奏楽とかやってる女の人とお付き合いしてみてぇーわぁー。





話が 反り立つ壁 くらい逸れちゃって申し訳ないんですけど、

結局何が言いたいかと言うと、世の中ルックスだよバカヤローってことです。


いきなり何を言い出すんだオマイは、となっちゃうのは軽くスルーして言いますけど、

結局世の中はルックス。特に女性の場合。


男はいいですよ。そんなにルックス良くなくたって、補えるものがあるじゃない。

面白さとか、面白さとか、面白さとか。

でも女性はどうだろう。

男みたいに笑いなんてとりたくないじゃない。

やはり男に比べると、補えるものが少ないように思える。


今の世の中、女性の方が強くなったなどと言われてますけど、

本当にそうなのかい、と言いたくなります。

やっぱり仕事の場などで見ても、男の方が有利です。

男はバリバリ仕事して出世し、家族を養う、

女は結婚すれば家庭に入り、その後は育児に奔走。



ねぇ、あなた、あたし、また働いてもいいかしら?

などと夫に相談などしてみても、

何を言ってるんだい、君は僕を支えてくれる、そばに居てくれればいいんだ。

とかって言われちゃう。知らんけど。


それでも女性は必死に食い下がる。

でも、あたし、まだ働きたいの。まだまだ全然イケるわ

と夫にアピールしてみる。が、

バカヤロウ!稼ぎは俺ひとりで十分なんだよ!お前は子供の世話でもしてやがれ!

と罵倒されてしまう。知らんけど。



やっぱね、社会に出れば女性はまだまだ弱い。

学生時代でキャイキャイ言ってるうちはいいけど、

ニコイチになって生活していくとなると、男に頼らざるを得なくなっていく。


男と女のカンケイ、夜のカンケイになってもそうだ。

やはり男は狼。女は子猫ちゃんである。






世の中ルックスだ、から話がだいぶブッ飛んでしましました。

どうも僕は、他の話に夢中になると、話が逸れていってしまうようです。


話を戻して、クラシック系美女を例に話を進めますと、

クラシック音楽というものより、ルックスに注目がいっている、と思うのです。

クラシック音楽<ルックス ね。分かりやすいね。


まぁでも確かに、顔がよろしくない女性がバイオリンやらチェロだのって、似合わない。

なんか知らんけど、クラシックやってる女性は、清楚でキレイな感じってイメージ。

演奏はすごく上手いけど顔は残念な人の演奏と、

演奏はぎこちないけどルックス抜群な女性の演奏なら、

僕は間違いなく後者を選びますね。どーせ違い分からんし。


それほどにルックスは重要。

こんな話も聞いたことがあります。

プロゴルファーの宮里藍や横峯さくらは、

そのキュートなルックスと一流のプレーで、一躍注目の的となり、

CM出演なども果たし、スポンサーもたくさんついた。

しかし、ゴルフの腕は一流であるが、ルックスの悪い不動裕理には、

まったくスポンサーがつかない。(オジの語った話より)


この話を聞いた瞬間、僕の中で何かが砕けましてね。

音を立てて何かが崩れ落ちましてね。

やっぱね、残念ながらこの世はルックスなんだな、と。

ルックスが残念な人は、それを補う相当な何かを持っていないとダメなんだな、と。


いいですか、みなさん。

ルックスが残念な人は、明日から必死こいて何かしらの特技を身につけることに奮闘してください。

そうすれば、明るい未来が待っているはずです。



以上、偉そうなことを語ったわりには、ルックスが微妙なhomuraがお送り致しました。








スポンサーサイト

        2011-11-28       人生の無駄

昔から無駄だな~って思うことがあるのです。

誰かに伝えようと思うんですけど、そんなに重要なことでもないから、

人とおしゃべりしてると忘れてしまう。

そんなこんなでずっと口にできなかったことを、この場を借りてみなさんに伝えたいのです。






トイレってあるじゃないですか。

公園でボール蹴って遊んでたら、コロコロコロ~なんて感じで入っちゃってね、

誰がボール取りに行くかでもめて、アイツと殴り合いの喧嘩をした記憶がなくもない場所ね。


そんでね、そんな昔の青かった自分の話なんてのはどうだっていいんですけど、

トイレってたいてい洗面所の近くにあるじゃないですか。

うん、ある。あるはずだ。世界史マスターのマツイくんの家もそうだったから、あるはず。


最近のトイレには、手を洗う場所が設置されていると思うのですが、

これこそが、僕の思う無駄な部分なのですよ。




だってね、変じゃない。誰が何と言おうと変じゃない。

トイレの中にわざわざ手を洗う場所を設置せんでもね、トイレから出れば洗面台があるわけだから、

トイレの中にそんな場所をとらなくてもえぇやないか、と思うのです。


しかもさ、トイレの中にある手洗い場ってさ、妙に狭いやん。

気をつけて手を洗わないとね、しずくがぼったぼたと床に落ちて、オカンに叱られるやん。

用を足してね、せっかく心が豊かになったのに、オカンに叱られたくないじゃない。


それにね、狭いからせっけんとかも置けない。


トイレした後ってのは、女性については深くは語りませんけど、

男ってのは自分のモノをしっかりと操作してやらないと、暴発したマシンガンのごとく暴れだし、

便座の周りビッチャビチャにしてしまうのです。

なので、嫌でも自分のモノに触れなければいけない。


そうなれば、用を足した後は、絶対に手を洗わなければならなくなる。

というより、自分は割と平気なんだけど、人に迷惑がかかるので、洗った方が良心的である。

そして、より良心的にするためには、せっけんで洗わなければならないのだ。


このひと手間が、男を変えるのです。これができればイギリス人です。紳士です。

せっけんで手を洗うというひと手間。これを実践すれば、明日からモテモテ。

将来的にはハーレムを築くことも可能です。みなさんもやってみてください。

僕はやりませんけど。



話逸れました。

具体例を多く書きすぎたので、核心の部分がかすんでしまったように思えますが、

結局は、トイレの中に手洗い場はいらない、と主張したいのです。


トイレの手洗い場は狭い、床が汚れる、せっけんを置けない。最低です。

人間で言うと、顔悪い、運動できない、勉強できないみたいなもんですよ。違うか。


それに対して洗面所は優秀である。

広い、床を汚さない、せっけんでもハンドソープでも置ける。最高じゃない。

人間で言うと、ルックス良し、性格良し、文武両道みたいなもんです。違うか。



どうでしょう、僕の書いてること、間違ってますか。

共感までいかなくとも、あ~確かに、くらいは思ってもらえると勝手に思ってます。

このままでは哀れなので、無理矢理でも共感してください。お願いします。



ちなみに僕が洗面所やらトイレ関係でもっと無駄だな~、と思うのは、

風呂入った後すぐにクソをしたくなってしまうこと。

せっかく風呂に入ったのに即行でオケツが汚れてしまう。まさに無駄。風呂の時間が無駄。


この事態に比べれば、僕がダラダラと書いてたことなんて屁でもありません。

んでもって、一番無駄なのって、

こんなクソみたいな文章を書いてた時間なんじゃないか、ってことに気が付きました。

哀れすぎます。こんな僕を誰か救ってください。








        2009-12-12       ドラクエⅤおもすれーっ

今日ね、牛丼を食べてきました。
すき家です。吉野家ちゃうで。すき家やで。

キングサイズに挑戦するつもりだったんですけど、
どうやらもうやってないみたいなので、普通にメガを食べてきました。
40分かけて歩いて行って、普通に食事して帰ってきたって感じです。
完全にもてあそばれました。
小杉風に言うと、俺の昼食もてあそぶやん!?です。関係ないね。

ほんでね、メガ牛丼を食べ終わって、チョコソフトでお口直ししますか~
なんてのほほんと注文したものを待ってたら、
どうやらご飯が無くなってしまったようなのです。

ご飯が無くなっちゃったら、牛丼出せないね。すき家存亡の危機だよね。

まぁでもね、それだけ流行ってるってことだし、
無くなっちゃったもんはしょうがないと思うのですよ。
この狭い日本のどこかには、メガサイズの牛丼なんてものを調子ぶっこいて食ってね、
米消費運動に貢献してるバカヤローもいるわけです。
だから米が無くなってしまうのはしょうがない。摂理です。知らんけど。

そんで話戻すんですけど、僕の近くの席にね、
腹減って明らかに不機嫌な顔してるおじさんが居たの。
誰が見ても分かる、それくらい不機嫌。ムスッてしてる。ヤな感じだね。

そのおじさんね、結構待たされててね、イライラしてたと思うの。
そこにですよ、女性の店員がやってきて、
お客様、申し訳ないんですが、ご飯が切れちゃいまして、とか言うのな。
うわ~、地雷踏んだよこの人~、とか思ってると、
まぁ、おじさん、予想通りのリアクションをした。

もうね、めっちゃ機嫌悪くなってね、チッ!って言った。チッ!
赤西仁か!お前はリアルなフェイスを歌ってるときのカツーンの赤西仁か!
ってつっこみたくなるくらいの見事な舌打ちっぷりでした。

そんでブツクサ言ってね、ガバッてな感じで荷物とって、
ドアをバッコーンってな感じでぶっ飛ばして帰っていきました。子供か。

まぁ、確かに店側も悪い。散々待たせた挙句、ご飯切れました、ですから。

おじさんもきっと疲れてたんだと思う。
朝早くから肉体労働に駆り出されて、やっとの思いですき家に来店。
なぜすき家なのかというと、安いから。それだけ。
きっと嫁さんはお弁当なんて作ってくれないのだろう。
あんたのためなんかに朝早く起きてられないわよ!などと言われてしまったのだろう。

あぁ、そうかい。ならいいよ。俺はすき家で280円の牛丼(並)を食べる。
その方が安上がりだもんな。いいよいいよ、お前は俺の分まで寝ておくれ。
俺は隣で牛丼(メガ)食ってるアホ面下げた高校生にも劣る昼食をとるよ。
じゃぁな、行ってきます。

なんて感じの悲しいドラマがあったんだと思います。
だからおじさん、怒っちゃったんだろうね。赤西くんになっちゃったんだよね。

うんうん、そうだ。きっとそうだ。おじさんは悪くない。
世の中が悪いんだ。嫁が悪いんだ。牛丼(メガ)食った俺が悪いんだ。違うか。

そんなことを思っていると、次にスーツで決めちゃってる、
明らかにお前牛丼食う格好じゃねぇだろ、って感じのおじいちゃんが入ってきた。

そのおじいが座るなり、店員がタタタッと駆け寄り、
おじさんを赤西仁にさせたセリフを言ったのですよ。


そしたらね、まさかの温厚そうなおじいちゃんまでキレちゃってね。

おんめぇ前もそうだったじゃろぉおッ!ちゃんと紙にでも書いて貼っとけぇえいぃ!

と店員さんを怒鳴りつけました。店員さん、本当にお疲れ様です。
今日で二回もキレられちゃうなんて。僕も店員さんの気苦労を感じる日になりました。

でもね、きっとこのおじいちゃんにもドラマがあったと思うのですよ。
きっと長くをともにした伴侶に先立たれ、誰も昼食を作ってくれなくて、
息子の嫁にも虐げられ、孫にも嫌われ・・・・

書いてて悲しくなってきたので、省略させていただいます。


まぁね、今日すき家に食べに行って、しみじみと感じたのは、
みんな本当にすき家のこと、好きなんだなぁ、って。


しかし40分もかけてすき家行って良かったな。
いいネタをゲットできて、久々に長い日記を書けたのだから。フハハ。









        2009-12-11       僕のレースゲーム論



レースゲームというのはとってもシビアなゲームだと思います。

何故そう思うのかというと、ワンミスですべてがパーになってしまうから。

ある程度自分の走りというものが確立されてくると、
一定区間ごとに、あぁ、この区間は自己ベストより何秒遅い、
なんていう風に感じ、走っている途中でも萎えてしまいます。

そりゃぁ自己ベストで最後まで走りがつながって最高のタイムを出せれば、
これ以上の喜びはない、となるんですけど、
タイム出さなきゃ、という思いが、緊張のようなものとなって指先に伝わってしまい、
第一コーナーからミスが出る、といった事態も多いのです。

また、自己ベストは出たんだけど、あそこの区間は自己ベストより遅かった、
などという感じで、あそこさえ決まればもっと速かったのに、
と悔いが残る結果になることも多い。

結果、走り終えても満足することは少ないのです。


ほんでね、さっきもタイムアタックをやっててね、自己ベスト出したんですけど、
2回大きなミスをしてしまったんですよ。
その2つのミスさえなけりゃぁ、あと何秒縮まったんだろう、なんて思ってると、
また悔しさがこみあげてくるので、今夜はさっさと寝ることにします。それでは。



        2009-12-10       お先真っ暗



あー、ちゃんとした日記を書きたい。
書きたい書きたい書きたい。
じゃぁ書けばいいじゃん、って感じになると思うんですけど、
ちゃんとした日記を書くって結構難しいですよ。

そりゃぁよく高校生がやってるホムペとかいうやつみたいに、
「マジ授業だるかったー。もう寝るー。ばいなら。」
なんていう内容のまったく無いうえに、
果てしなくつまらん日記なら毎日書けますよ。
一日に数十回って更新できます。

だけど僕はそんな読者が読んでてつまらん日記は書きたくないので、
今もこうして頭をひねってひねって、
軽く変なニオイのしそうな汁が出そうなくらいひねってるんですけど、
はたしてネタが浮かばない。何故だ。


どうしてだろう、あの頃はイヤってほどネタが溢れててさ、
予備日記まで書けたくらいさ。
あぁ、あの頃が懐かしいよ。
河原でアイツと殴り合った後、夕日に向かって叫んだっけ。
学校の休み時間はイタズラ三昧で、先生によく怒られたなぁ。
好きな子と隣の席になれても、結局喋れなかったっけなぁ。


脳みそをひねり過ぎて、少々古すぎる思い出がにじみ出てきたようです。
まぁね、ここまでひねってネタが出ないってんならしょうがないですよね。
今日はもう日記書きません。


あっと、どーでもいいお知らせです。
来年にサイトを移転するのですよ。
このサイト閉じるわけじゃないですけど、移転先をメインに更新するので、
別に見に来なくていいですよ。時間の無駄ですから。



古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。