ほむらinDEX

しゃべることが嫌いなんだね。分かるよ、でも今日からはそれじゃあ通らん。 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

10 « 2009-11 « 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

homura

管理人  [ homura ]

無心に進め 完全に自由な世界

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-11-30       雑学No.1


はい、先日ね、ライオンとトラはどちらが強いのか、という日記を書いたのですが、

それについてちょっと。



「百獣の王ライオン」と「密林の皇帝トラ」、はてはてどちらが強いのか。

まず、「王」とか「皇帝」とか言ってる時点でメスは無視されてるね。

本当に喧嘩とかしたら、メスとかの方が怖そうなのにね。


そんな話は放っておいてですね、まぁどちらが強いか、となれば、

まずライオンとトラは生息エリアが違うので、戦うことはない。

なので、戦うことなどありえないのだが、こんなデータが残っている。


かつてロンドンの動物園では、ライオンとトラの対決が何度も行われていたらしい。

結果は勝ったり負けたりで、互角の戦いだったという。


また古代ローマでは、コロシアムの舞台で、ライオンとトラが戦っている。

このときは、ライオンが負けることの方が多かったらしい。


ただ、ライオンはどちらかというと※鷹揚(オウヨウ)な猛獣なので、

(※小さなことにこだわらずゆったりとしているさま。おっとりとして上品なさま。)

ライオンの方が勝負を避けた、とも言われている。



ライオンとトラの勝負はプロ野球の世界だけで十分か、という話でした。おしまい。







スポンサーサイト

        2009-11-29       みんな 俺やで

はいはい、今日はネタが全然浮かびません。

というわけでね、ちょっと自己紹介でもしようかな、と思います。


少し前に横の方に自己紹介的なものを載せてたんですけど、

なんだかリンクがうまくいかないので消しまして。


はい、長ったらしい説明は不要ですね。早速いきましょうか。

ちなみに読みたくないって人は読まなくていいですよ。

別に見てもらいたくもないし、見る価値もそんなに無いです。

それでもやっぱり見てほしいというのが本音なので、ぜひ見てください。お願いします。











vania.jpg

はい、こんにちわ。homuraっていいます。

ルックスはこんな感じです。面白いでしょ。


HNの由来は特に無し。第六感が作動しました。

年齢18。受験生です。失格です。すいません。

身長はコミックでいうと40冊積み終わる前に倒れるくらいで、

体重はお~いお茶でいうと、うーんと、わかんねぇや。

座高は空気椅子で測ろうなんて暴挙に出るくらいの素晴らしさです。


将来の夢は幸せな家庭を持って子供は二人。最初女の子で次が男の子。

普通に働いて寝て出世して、定年退職したら子供にバトンタッチ。

自分は残りの人生を謳歌し、特に病気とかもすることなく老衰で逝く。

普通だけど素晴らしい人生を送れればいいです。はい次。


好きなものは音楽。

B’zを愛してやみません。小6から聴いてます。どんな小学生やねん。

最近好きになりそうな歌手は、椎名林檎、SCANDAL、ステレオポニーといったところ。




そして本日の楽しみはボクシングとJINです。

ボクシングは内藤応援だけど亀田が勝ちそうで嫌だな~って感じで、

JINは最近見始めたのですが、続きが楽しみでなりません。


それではまたお会いしましょう。







        2009-11-28       あっ、土曜日。



おかしい。昨日はたしかいつもと違う場所で寝たはず。

いつもなら部屋の奥の方で寝るんだけれど、昨日は窓側で寝たんだ。


僕ってば寝る環境が違うと、なんだか早く起きてしまう習性があって、

よそ様の家に泊めてもらうにあたり、予行演習のつもりで寝たのだが、

結局起きたの、いつも通りの10時前だなんて。


いやね、確かに1回ケータイのアラームで6時頃に起きた記憶があるんだけど、

起きたのは結局10時。担任の電話で目が覚めた。




ママンから無理矢理電話を繋げさせられ、


おはよう、最高のモーニングコールね、ムフフ、なんて言われてね、

こっちは頭の整理ついてないから、聞く予定だった質問忘れてました。


いやー、聞きたかったね。

2012年に地球滅びると思いますか、って。聞きたかった。


国語教師は理屈っぽいと言いますけど、その分ちゃんと語ってくれそうです。

反論や質問の余地も無いくらい語ってくれそう。

興味のある話題ですから、暇なときに聞いてみたいかも。


やはり文系の教師というのは膨大な量の知識を備えています。

その片鱗を垣間見たのが面接練習のときだったんですけど、

誰でも知ってるわよってほざきながら、延々と沖縄の歴史について語られました。

後ろに人つっかえてんのに。


よくあるじゃないですか。知ってて常識クイズみたいなやつ。

でもあれって、よく見ると矛盾に気付くんですよね。

知ってて常識とか言ってるくせに、正解率20%とか。

そんなん全然常識ちゃうやーん、ってなるわけです。ムジュンでしょ。


うちの担任は、国語だけ勉強してりゃあいいのに、

歴史にまでのめり込んでいて、知ってて常識な話をしてくるわけ。


あのな、じゃあお前な、渋谷とかに行ってクイズでもやってこい。

悲しいことですけど、そのクイズに対する若者の正解率は50%もいかないでしょうな。


この時点で、お前の言ってたことは常識でも当たり前でも無くなるのだ。

俺が答えらなくても、別に恥ずかしくとも何ともなかったのだよ、ガッハッハッ!



すいません、勝手に盛り上がってました。

まぁ何が言いたいかって、

何でもかんでも常識にしちゃいけないぜ♪ってことです。ウザイね。


今度面接練習のとき、ライオンとトラってどっちが強いか知ってる?って、

僕にとって知ってて当然な問題を出題してやろうか。

そんで先生が答えられなかったら、こんなの知ってて当然やん、とやり返してやるのです。

フッフッフッ、今から楽しみでなりません。まぁこれこそ全然常識でも何でもないですけど。



結局僕が質問できたのが、テスト期間中に休みあるんですか、っていうこと。

しかも返ってきた返事が、わかりまへん、って。

そのあたり、教師なら知ってて常識と違うんかい、と受話器を強く握りしめたのは寒い朝のこと。









        2009-11-27       橙色の日々


気がつけば、100HITどころか、もうすぐ200HITじゃないですか。

この調子で、次は500HIT目指して頑張っていこうと思いますので、

どうかこれからも、ほむらinDEXをよろしくお願い致します。





まぁもうすぐ200HITしちゃうということで、

100HIT記念というのは何か中途半端なんですけど、

記念にテキストでも書こうと思います。




何がいいですかね。宮崎あおいの可愛さについて語るのもいいし、

昨日見てたハムナプトラ3があまり面白くなかったという話でもいい。


外は晴れだからサッカーしたいのに、外出禁止令で外に出られない。

フッ、俺は籠の中の鳥さ、なんて悲劇のヒロイン気取ってみるのもいいし、

短編小説を書いてみるのもいい。




でもね、でもね、今ね、ちょっと僕ね、気分悪いんだ。

自分のサイトのURLを色んなサイトに残してきたんだけど、

まぁなかなかの怪しげなサイトばかりでしてね。

怖いもの見たさ、ってなもんで見まくってたんですけど、

グロくてグロくて、ひたすらグロくて。

食後だったんで気分の悪さに拍車がかかってしまいましてね、

それでもなんとか吐かずに済む勢いです。なんやねん結局。






なんとかして見てしまったものを少しでも忘れたいので、

爽やかな短編小説でも書いてみました。

それではどうぞ。






男と女は、お互いの気持ちを確かめ合った後、男の部屋で一晩を過ごした。

男に抱かれて、女の心は、孤独の闇から解き放たれ、

温かくて、穏やかなものに包まれているようだった。

女は過去の出来事から、ずっと闇の音に怯えていた。




誰かあたしのそばに居てって、あたしは泣いてた。

でも、言えなかった。誰にも。

今、彼のおかげで、豆電球、ほんの数ワットだけど、闇に灯りがともった。




「ずっと、消しやしないよ」

男は言って、ギュッと抱きしめてくれた。

「あなたが愛してくれたら、生きていけるかもしれない」

女は部屋の淡い明かりに中、男を見つめた。

「・・愛しているよ」

男の言葉に、女は微笑んでいた。

「愛してる」

もう一度言った男の唇に、女はそっと触れた。

「生きていて、良かった。生まれてきて、良かった。・・・・あなたに、会えたわ」

女は男の隣で、安心したように眠った。








なーんていう恋愛してみてーって話ですよね。

何が
「ずっと、消しやしないよ」じゃ。アホらしい。

これだからゆとりは、などと自分もゆとりポケモン世代のくせして執筆しておりました。


まぁでも、こういう恋愛、憧れますね。

こう、優しく包み込んであげるような、温かい感じの恋愛。


やっぱり小説や映画ってのは、人に影響を与えるものでなければイカンと思うのですよ。

野球したくなるとか、冒険してみたくなるとか、恋してみたくなる、とかね。

どうせ書くなら、どうせ作るなら、大切な時間を割くわけですから、

工夫した方がいいし、しないといけない。


ちなみに僕は、人々の共感を得るには、

あえてベタな路線でいくか、それとも、思い切り意外性を出していくか、

のどちらかが有効なんじゃないか、と思っています。

それらのことを心に刻み、製作者は創作活動に励んでください。












何やら、評論家か、とつっこみたくなるようなことを書きましたが、

小説の方は
思い切り僕の愛読する小説のパクリです。

それでも書いて、というリクエストがあれば、また書きますよ。パクリでよければ。


どうもすみませんでした。








        2009-11-26       外は快晴


おい、ゴミをポイ捨てするんじゃない!

地球はあたしのゴミ箱だ!


どうも、地球にツンデレのhomuraです。こんにちわ。







まぁね、インフルエンザのせいで休校になるのは二回目でしてね。

一回目は五月の下旬のことで、二回目が今この瞬間というわけなんですけど、

ただひとつ違う部分があるとすれば、後輩とかは普通に登校してるってこと。



休校になったため、10時とかに起きるのですが、

その頃には普通に授業をやってるわけ。


自分がグースカピーと寝てる瞬間にも、他の生徒は電車に乗って登校、

自分が日記書きながら、鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチを見てる間にも、

他の生徒は弁当を食べながら英単語覚えたりしてる。


そんなことが起きてるわけだから、精神年齢が子供の僕ってば、

不思議!となるわけ。いやー、面白い面白い。不思議不思議。

風間くんは、不思議魔女っ子マリーちゃんが好きだったっけなー。



今朝も例によって、担任から電話がかかってきましてね。

いつもと同じようなことを聞いてきます。

僕の家は学校と50メートルくらいしか離れていないので、

遊びに行っていいか、と聞いてくる確率が99%なのです。

しかもですね、実際に担任が家に来たことがあるので、

僕はすでに冗談として捉えられなくなってきております。



まぁでも、せっかく担任が、何か質問無いのか、なんて聞いてきてくれるので、

明日電話があれば、何か質問でもしてやろうと思っています。



今考えているのは、

マヤの予言では2012年に地球は滅びると言われているけど、先生はどう思っているか、

先日予防接種した部分が腫れてきて痛痒いんだけど、どうすればいいか、

さかむけが気になります、


というもの。なめてるね。



他にも、先生はいくつなんですか、とか、独身なんですか、

なーんて聞いてみたいけど、

リアルな質問はマジギレされる恐れがあるので、グッとこらえます。聞きたいけど。









古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。